CATEGORY

×

CATEGORY

コンテンツ

商品カテゴリー

営業カレンダー

FAX注文用紙
HOME»  えごま油とは

えごま油とは


えごま油

えごま油とは

α-リノレン酸(オメガ3系脂肪酸)が凝縮された逸品!

えごま(荏胡麻)はシソ科の一年草で、その実から抽出されたものが「えごま油」です。
東北地方では「じゅうねん」と呼ばれ、「えごまを食べると10年長生きできる」「10年保管していても、まけば芽を出す」という言い伝えがあり、じゅうねん味噌やじゅうねん餅として食べられてきました。

当社のえごま油は、低温圧搾製法(一番搾り)で製造しております。添加物などを使用しない昔ながらの圧搾法です。

オメガ3系脂肪酸とは

脳を構成するDHAやEPAといったオメガ3系脂肪酸

青魚に含まれるDHA・EPAや、えごま油に含まれるα-リノレン酸は「必須脂肪酸」と呼ばれ、人間はこの脂肪酸を体の中で作れないため、食物からしか摂れない重要な栄養素と言われています。

α-リノレン酸は身体に入るとドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)に変化し、脳や精神など体の多くの機能に良い影響を及ぼすそうです。

オメガ3を多く含む食べ物

青魚
イワシ、サンマ、サバなどの青魚
くるみ
くるみ

健康効果

ダイエットやアンチエイジングなどの美容効果
 えごま油に含まれるα-リノレン酸には、代謝を活発にし脂肪を燃焼しやすく蓄積されにくい
 効果があると言われています。
 また、細胞膜の生成を促しアンチエイジングにも効果的とされています。

アレルギー抑制
 α-リノレン酸が体内で変化して得られるEPAやDHAには、アトピー性皮膚炎や花粉症などの
 アレルギーを改善する効果があると言われています。
 オメガ6系脂肪酸を同時に摂取してしまうと、効果が半減してしまうので要注意してください。
 オメガ6系脂肪酸は、大豆油、コーン油や肉類などに多く含まれていると言われています。

精神安定
 α-リノレン酸、DHA、EPAのオメガ3系脂肪酸には、不安症状を軽減したり、恐怖記憶を
 和らげたりする効果があるといわれています。
 効果を得るためには、オメガ6系脂肪酸の摂取を抑えるようにするといいそうです。
 
記憶・学習への効果
 α-リノレン酸には脳機能を改善する効果があり、摂取により学習機能が高まることが
 わかっているようです。 

認知症予防
 α-リノレン酸には、脳細胞の死滅を防ぐ効果があります。死滅した脳組織は元に戻ることはありません。
 DHAやEPAは、脳の神経細胞に対する抗酸化作用があり、脳を活性化させることがわかっているため
 脳細胞の減少によって起こる認知症予防にも効果的と言えるようです。

生活習慣病予防
 血管をしなやかにし、血流の流れをスムーズにする効果があるといわれ、血栓(血管内で血液が固まる)
 ができにくい状態にすることで血圧やコレステロールを下げるなど、生活習慣病の予防になる
 栄養素になるようです。

心疾患の予防効果
 α-リノレン酸には、血圧の上昇を防いだり、不整脈を予防する効果があると言われているようです。
 また虚血性心疾患のリスク、特に心筋梗塞リスクの低下を示唆する結果が出ているようです。
 EPAには抗血栓効果、抗動脈硬化効果などもあるとされ、心臓・血管の病気をさまざまな角度から
 予防する効果が期待できそうです。

注意点

①光と熱に弱い
 えごま油は、光と熱に弱く酸化しやすいという特徴があります。
 そのため揚げ物や炒め物など加熱調理には向いていません。
 保管は冷蔵庫などの冷暗所で行いましょう。
 空気に触れると酸化してしまうので、開封したら1か月を目安に早めに使い切ることをおすすめいたします。
 酸化した油を使うと、血管に炎症を起こしたり、肝臓に負担をかける原因にもなります。

②1日小さじ1まで(約3g)
 必要以上に摂らず、他のオイルの代わりに使うのがおすすめです。

③発泡ポリスチレンの容器には直接かけない
 えごま油は発泡ポリスチレンの容器を変質させる効果があるため、カップ麺や納豆の容器に
 直接えごま油を垂らすと、穴が開いてしまう可能性があると言われています。 
 別容器に移し替えてお召し上がりください。

原料のこだわり

原料のこだわり

100gあたり
国産 α-リノレン酸58.0%
その他 α-リノレン酸64.5%含む

黒えごま種子使用。(残留農薬検査済み)

残留農薬検査を行い、値をクリアした原料で搾油およびパウダーにしておりますので、安心してご使用いただけます。
(日本分析センター第19051711001-0101)

原料のこだわり

製造工程のこだわり

種子洗浄
種子洗浄

えごま種子を丁寧に二度手洗いし、再度機械で二度洗浄し、脱水をし
乾燥させます。
搾油
搾油

昔ながらの低温圧搾法(一番搾り)にこだわり製造。
添加物一切不使用・生搾りです。
圧搾から完成まで二度のろ過を行い、濁りの無いクリアな油が完成します。
充填
充填

1本、1本手作業で目視検査を行いながら、充填をしております。